透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(476)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(23)
透析治療について(187)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
仕事(5)
合併症(114)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(31)
医療・介護従事者からの質問(16)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)

Q475.

母が透析治療を受けています。電話の音も、チャイムの音も、目覚まし時計の音も聞こえません。難聴の患者さんは多いのでしょうか。


お母様の年齢にもよりますが、御高齢の方は難聴になりやすいことは、よく知られていますよね。

これに加えて、透析をお受けになっている方は難聴になりやすい(同じ年齢の方とくらべても耳の聞こえが悪くなりやすい)ということが以前から知られています。

難聴の程度は、日常生活にはそれほど支障がなく、検査をして初めてわかる程度のものから、補聴器を使ってもほとんど聞こえないという重症の方まで、かなりの個人差があります。

お若い方で難聴になる方もおみえで、私どものクリニックには、40歳代で補聴器が必要になった方がいらっしゃいます。

難聴の原因はよくわかっていないのですが、透析のためと言うよりも腎臓が悪くなったため、という研究報告もあります。

お母様の聴力が低下してきて、日常生活にも影響が出ているのですから、耳鼻科を受診をされて、聴力の検査をお受けになることは必要だと思います。

主治医の先生と相談をしてみて下さい。

 

[回答日 2018/6/30]

 

▲ページトップへ