HOME > 当院のご紹介 > 掛川共立クリニック通信

>> 前のページへ戻る

掛川共立クリニック通信 Vol.3 [2011/11/6]

バックナンバー [Vol.2 / Vol.1

患者さんにもご参加いただき、地震を想定した災害訓練を実施しました

掛川共立クリニックでは、10月17日(水)18日(木)に患者さんにもご参加いただいて、マグニチュード7.9、震度6強の地震を想定した災害訓練を実施しました。
透析治療中に地震が発生し、災害リーダーの指揮の元、患者さんの安全を確保し、揺れが収まってから施設・外部の安全確認を行います。災害リーダーは状況を把握し、医師と相談し避難することになった場合は「避難訓練・避難場所・緊急離脱方法」を指示し、透析治療を中止して(返血)避難します。最後は避難所で点呼して終了としました。
患者さんにおかれましては積極的に避難訓練にご参加いただき、誠にありがとうございました。今後も患者さんの安全確保のために、災害対策活動を継続して実施してまいります。よろしくお願いいたします。

不安を感じている患者さんに声がけ
掛布団をかけます
揺れが収まるまで見守ります
院長先生も積極的に声がけ
揺れが収まったら安全確認へ
各所の状況が集まります
医師との対処の最終確認
対処を全体に指示
透析治療を中止
順次避難
送迎バスの運転手さんも参加
普段の訓練が役立ちます
車椅子の方も次々と避難
当日は雨だったためにロビーに避難
医師が体調変化に備えます