HOME > 当院のご紹介 > 理念・沿革

>> 前のページへ戻る

理念・沿革

理念

透析医療を中心に、合併症の予防と治療も行い、患者さんの社会復帰をサポートする。
このために、職員の研修と教育を充実させ、患者さんの要望に対応できる技術・知識と総合的な判断力を身につけることができるよう努力を重ねていく。
新進の医療技術を研究し、新しい医療技術やシステムの構築を可能にするためにも情報活動を積極的に行っていく。

沿革

1987年2月17日 静岡共立クリニック開設(透析ベッド30床)
1996年9月 第1回増築工事(透析ベッドを57床に増床、CTスキャン・骨塩量測定装置設置)
2000年11月 第2回増築工事(透析ベッドを93床に増床)