腎臓・透析のきほん

- 食事の管理 -

 

透析療法では自己管理が必要ですが、中でも食事療法は最も重要となります。

必要な栄養素とその調整を正しく理解し、食事療法を実践しましょう。

具体的な内容は、主治医の先生や管理栄養士、看護師に相談しましょう。

食事療法のポイント

  1. 適切なエネルギーの摂取

  2. 良質なたんぱく質の摂取

  3. 塩分・水分を控える

  4. カリウムやリンを控える

「適量」とりましょう

良質のたんぱく質を

たんぱく質をとりすぎると、体内に老廃物(尿毒素)が蓄積するので、尿素窒素(BUN)やリン(P)、カリウム(K)の上昇につながります。逆にたんぱく質が不足すると栄養不足が悪くなります。自分の体格に合った適量のたんぱく質をとることが大切です。

食事の管理

控えましょう

カリウム(K)を

腎不全になると、ほとんどのカリウムが身体の中に溜まってしまいます。血液中にカリウムが溜まると高カリウム血症となり、重篤な症状を起こす危険性があります。

食事の管理

減らしましょう

リン(P)を

リンが身体の中に溜まると、かゆみの原因の1つになるほか、骨がもろくなったり、石灰化したりすることもあります。リンの多い食品は乳製品・卵類ですが、肉・魚にも多いので、1食に両方の食材をとることは避けるようにしましょう。

食事の管理