透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(535)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(25)
透析治療について(204)
腎移植について(3)
腹膜透析について(19)
日常生活・食生活(77)
仕事(5)
合併症(128)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(34)
医療・介護従事者からの質問(20)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(40)

Q103.

歩くときに膝が痛く、段差があるとひどく痛みます。合併症なのでしょうか?

歩くときに膝が痛く、段差があるとひどく痛むとのことですので 膝関節に何らかのトラブルが生じているのは、 ほぼ間違いないと思います。

これが透析と関係しているものかは、透析期間や血液検査の カルシウムとリンの値によって可能性がかわってきます。

一般論としては、透析期間が長いほど、骨や関節への合併症が増えてきます。
たとえば、透析を始められて5年以内であれば、骨・関節の合併症は それほど診ませんし、10年以上であるとすると、かなり多くの方にこれらの 合併症を経験します。

また、透析歴が長いか短いかとは別に、血液検査でカルシウムやリンの値が 良好にコントロールされているかどうかも重要です。
カルシウムが低すぎたり、リンが高すぎたりすれば、透析がそれほど長くない 方でも、骨・関節の合併症は出やすくなります。

いずれにしても、膝の痛みが透析関連のものかどうかは、 整形外科の先生に診てもらうことができれば、確実にわかりますので、 専門医への受診をお勧めします。

私たちがよく経験することに、関節の痛みがなんの誘因もなく 出現して、しばらく様子を見ているうちに(多くは2−3週間です)、 自然と痛みがなくなってしまう、ということがあります。

ですから、痛みがそれほどひどいものではなく、しかも 痛みが出始めてからまだ間がないようでしたら、シップなどで 様子を見ているのも、決して悪くはないと考えます。
反対に、1か月以上も痛んでいるようでしたら、これ以上様子を見ても よくなる可能性は小さいと思いますので、ご面倒でも整形外科を 受診されてみるのが良いと思われます。


[回答日 2005/3/29]

▲ページトップへ