透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q109.

虚血と体重、血圧の関係について教えて下さい。

● 除水の概念

血液透析療法では、前回の治療終了時から、今回の治療までに 増えた体重を除水します。
文字通り、水分を除去するのであって、お肉をとろうというわけ ではありません。
わずか2−3日の間に何kgも「太る=肉が付く」というのは あり得ないことですよね。

ですから「透析間で増えた体重は、すべて水分である」と考えて、 「増えた体重分の水分を除去する」のです。

●除水の実際

除水量が多いとどうなるでしょうか?
たとえば4kgの体重増加があったとします。
すると、4kgの除水を行うのですよね。

除水は血液の中から行われます。
つまり血液透析では、血液から水分をしぼり出して(もちろん毒素も除去して)、濃くなった血液を お体にお返ししているのです。
ですが、4kgの水分のすべてが血管の中にたまっているわけではありません。
何%という正確な数値は個人差があるのですが、増えた水分のうち、 かなりの%は血管の外にあります。

仮にこの割合を50%としてみます。そうすると、4kg増えた場合には 2kgが血管の中にあり、2kgは血管の外にたまっているということになります。
この状態で、透析治療を行うと血管の中からだけ4kgの除水が行われます。
そうなると、血管の中は脱水になってしまいますよね。
そこで、血管の外にたまっていた水分が血管の中に引き込まれて、 脱水になるのを防ぎ、体全体の除水が終了するのです。

●除水における問題

ここで問題なのは、透析で除水されるスピードと、血管外から血管内に 戻ってくる水分のスピードとの差です。
もし、これが同じであれば、透析で除水されても、血管外からどんどん水分が 返ってきてくれますので、血管内は脱水にはなりません。

しかし、実際には血管の外から血管の中に水分が返ってくるのには かなりの時間がかかることが知られています。

また、このスピードには大きな個人差があることが知られています。
たくさん除水をすると、血圧が下がってしまったり、虚血症状が 出てしまうことがあります。

●虚血症状となる原因

虚血症状が出てしまうのは、この血管内脱水(血管外から血管内に 水分が戻ってくるのに時間がかかること)が、 大きな原因となっています。

安全な除水量はドライウェイトの4%(あるいは5%)以内と 言われています。
ドライウェイトが50kgの方では2kg以内(あるいは2.5kg以内)、 ドライウェイトが60kgの方なら2.4kg(あるいは3kg)以内ということに なりますね。
まずは、これを目安に水分制限を行っていただき、より安全な透析治療に なるように、努力をしていただきたいと思います。

なお、血管外から血管内への水分移動を早くするための治療薬が あって(グリセオールなどと呼ばれているクスリです)、特に害もないので 使用されることがありますが、水分制限をして体重が増えないように 心掛けることに勝るものではありません。



[回答日 2005/5/24]

▲ページトップへ