透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(535)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(25)
透析治療について(204)
腎移植について(3)
腹膜透析について(19)
日常生活・食生活(77)
仕事(5)
合併症(128)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(34)
医療・介護従事者からの質問(20)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(40)

Q115.

たまに舌の感覚がなくなることがあります。なぜでしょうか?

舌の感覚がなくなることは、たまにみられる症状です。

詳しくはわかっていないのですが、尿毒素の影響が考えられています。
また、これに味覚の異常を伴うようですと、亜鉛の欠乏があるかも知れません。

その対処法をお話します。

尿毒素の影響や、亜鉛欠乏は診断を確定させることが難しいですから、 透析効率を上げてみる(時間を延ばしたり、ダイアライザーを大きくしたり、 膜の種類をかえたりしますね)ことや、試しに亜鉛を補給してみる (プロマックという胃薬があって、亜鉛の補給に効果があることが 報告されています)ことが行われます。

つまり、診断が確定する前に治療を行ってしまって、その治療が効果的ならば 原因は尿毒素だったり亜鉛の不足だったり、と後からわかるわけです(「診断的治療」と呼ばれていて、しばしば行われる方法です)。

[回答日 2005/7/12]

▲ページトップへ