透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q129.

レントゲンを2ヶ月に一回受けています。ドライが変わったり血圧が高めだったりすると毎月受けます。このペースでレントゲンを続けて、からだに害はないのでしょうか?

レントゲンを受けることは、100%無害であるとは言い切れません。
放射線を浴びるわけですから、患者さんがご心配されるのは当然です。
実際に、レントゲンを浴びれば、浴びなかったときと比べて悪性腫瘍に なる確率は多少なりとも上昇することが考えられます。

レントゲン検査を頻繁に行う場合は、悪性腫瘍が起きやすくならないか、 ということを常に検討する必要があります。

けれども、胸部のレントゲンで照射される放射線の量は多くありませんから、 実際に、長期の透析をお受けになっている方でも、レントゲンによるものと 思われる悪性腫瘍が多いという印象はありません。

レントゲン検査のメリットとデメリットとを比べた場合、メリットの方が 十分に大きいと考えられます。

2月に1回(あるいは月に1回)のレントゲンであれば、それほど不安がらずに お受けになっていただきたいと思います。


[回答日 2005/10/18]

▲ページトップへ