透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(535)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(25)
透析治療について(204)
腎移植について(3)
腹膜透析について(19)
日常生活・食生活(77)
仕事(5)
合併症(128)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(34)
医療・介護従事者からの質問(20)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(40)

Q130.

透析を長く続けていると、動脈硬化で心臓が弱り、心臓疾患を 合併することがあると聞いたのですが本当ですか?

ご質問にあるような合併症はありますが、透析を長く続けたから そのようになるのではありません。
透析が必要なほど進行してしまった腎不全の状態が 長期にわたっている場合には、透析の治療をしていても 発症しやすくなってしまう症状があります。
透析が必要なほど進行してしまった腎不全の合併症として 以下のような心臓の合併症が出てくることがあります。

●虚血性心疾患

まず、動脈硬化による虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)があります。
これは、典型的には胸の痛みが自覚症状としてあるのですが、 「無痛性心筋虚血」といって、全く痛みのでない方もありますので 注意が必要です。
定期の心電図などをチェックしながら、虚血がないかどうかをみていきます。

●心不全

心不全も重要な合併症です。
体重(水分)が増えすぎる方の場合は特に注意が必要です。
透析のたびに何リットルもの水を除水し、次の透析までに、 また何キロも増えてしまうのでは、心臓に大きな負担を かけることになります。

[回答日 2005/11/1]

▲ページトップへ