透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q164.

ヘルニアの治療をしています。 また、透析が必要かの検査をすることになり、 もし透析だったら、受けられるか心配です。

まず、透析治療が必要かの検査についです。
腎臓の働きをチェックして、透析治療が必要なのかどうかの検査だと思います。

腎臓の働きは、血液の検査でわかります。もし腎機能が悪かったとして、 それが急に悪くなったものなのか、あるいは慢性的に悪くなってきたのかを 推定することはとても重要です。

急に悪くなってきたものであれば、治療により透析治療を回避できる ことがありますが、慢性的に悪くなった場合は、 その反対に透析治療が必要となる場合が多いからです。

ヘルニアの治療法には、大きく分けて保存療法と手術療法とがあります。

保存療法とは手術をしない治療法のことで、クスリ(鎮痛剤や、 局所の血流をよくする薬剤など)を使用したり、牽引を行ったりします。

保存療法にしても手術療法にしても、透析治療をお受けになりながら 行うことは可能です。

ただし、血液透析の場合には治療時間が約4時間と長く、 その間はベッド上で横になっているか、あるいは治療用のイスに 座っていなければなりません。

ヘルニアの痛みがあって、安静にできない状態では困りますので、 十分に痛みのコントロールをしておいていただく必要があります。


[回答日 2006/9/12]

▲ページトップへ