透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(535)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(25)
透析治療について(204)
腎移植について(3)
腹膜透析について(19)
日常生活・食生活(77)
仕事(5)
合併症(128)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(34)
医療・介護従事者からの質問(20)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(40)

Q173.

透析患者の血圧は、どれくらいでコントロールしていけばいいですか?

● 血圧をコントロールする理由

血圧をコントロールする主な目的は動脈硬化(の進展)を防ぐことです。

透析をお受けになっている方は、動脈硬化を来しやすいことが 知られていますから、上記の目的のためにはより厳格な血圧の コントロールが必要だ、ということになります。

しかし、血圧を下げていくと、透析中の低血圧により除水が困難と なったり、立ちくらみやふらつき感などの自覚症状が 出たりすることがあります。

ですから、血圧のコントロールには、このような 自覚症状・他覚症状が出ないようなコントロールに することも大切です。

● 血圧の目標値

年齢や合併症の有無、その方の自覚症状などによって異なりますが、 140台までは下げたいと考えています。

低血圧による症状がなければ、130台、135以下を目標とする方がよい、 という報告もあります。

少なくとも言えることは、以前言われていたよりは血圧は 下げた方がよいのだ、という方向になってきています。


[回答日 2006/12/20]

▲ページトップへ