透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q176.

友人になった方が、糖尿病1型で、透析をしているそうです。 その方とお付き合いを続けていく為には、生活面で、 どんな事に注意したらいいのでしょうか? また、一緒に旅行に行ったりできますか?

透析をお受けになっている方(患者様)は、ご自身がどのような 自己管理をされたらよいのか、ご存じのはずです。
ですから、「生活面での注意」とは、生活面のサポートではなく、 ご友人としてどのようなことに気を遣ったらよいのか? というご質問だと想定して、お答えします。

● 気を楽にしてお付き合いを

個人的な意見としては、あまり気を遣われない方がいいと考えています。

患者様としては、ご友人に気を遣ってもらうことが、ありがたくもあり、 けれどもそれがプレッシャーやストレスになることもあり得るでしょうから。

生活上で、どのような注意をするべきなのかは、患者様が 理解をされているはずなので、それにそってお付き合いをされれば よろしいかと思うのです。

ただし、ご友人の生活スタイルを知っておくのは、良いかもしれませんので 簡単にご説明させていただきます。

● お食事について

まず、糖尿病に関してですが、食事はできるだけ小分けに食べた方が 血糖のコントロールがうまくいきます。
1日3食よりも、1日4食・5食の方がよいのです。
もちろんカロリーが増えてはダメです。

● 足のケア

足に傷を作らないように、特に足の爪を切るときなどは気をつける 必要があります。
糖尿病をお持ちの方は、足の傷はなかなか治らないですし、 重症化することもまれではありませんから、注意が必要です。
「フットケア」と呼ばれている、重要なポイントです。

● 水分制限とカリウム制限

透析に関してですが、その患者様の状態で異なるのですが、 基本的には水分制限とカリウム制限があります。
水分の摂りすぎは心臓に負担をかけることがあります。
カリウムは、やはり心臓を守るために制限していただくのですが、 生野菜や果物に多く含まれていますから、これらの食品を食べ過ぎないように 気をつける必要があります。

● シャントについて

透析をお受けになっている方は、左右どちらかの腕にシャントという 太い血管をお持ちのはずです。
このシャントは透析をお受けになるときに必要ですから、 シャント(を流れる血液)が止まらないように注意をしなければなりません。
シャントの血管を強く圧迫することは避けていただきたいです。

● 旅行について

体調が悪くなければ、仕事をされたり、旅行に行かれたりすることは 全く問題がありません。

当院で透析をお受けになっている1型糖尿病の方は、フルタイムで仕事を されていますし、年に数回旅行にも行かれます。
旅行の際には、旅先で透析をお受けになります。

● その他

これ以外にも、さまざまな注意点がありますが、まわりにいらっしゃる方に 理解をしていただきたいのは、上に書いたような点です。

繰り返しになりますが、あまり気を遣われないように、自然に お付き合いをしていただくことを、患者様も望まれているのではないかと 思います。


[回答日 2007/2/13]

▲ページトップへ