HOME > 透析Q&A > 副甲状腺摘出術 バセドウ

>>前のページに戻る

透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q185.

副甲状腺摘出術を行う予定です。 最近、寝るとき動悸を感じるようになりました(昼間はあまり感じない)。 副甲状腺肥大と関係あるのでしょうか?

● 副甲状腺機能亢進症と動悸の関係について

主治医の先生には必ずご確認いただけることを前提として お話をさせていただきます。

副甲状腺機能亢進症と動悸とは、まず無関係と思っていただいて よろしいと思います。

副甲状腺が大きくなって、首のあたりを圧迫するとか、 副甲状腺ホルモンが心臓などに影響をするとか、 カルシウムとリンのアンバランスが、動悸を引き起こすとか、 いずれも考えにくいと思います。

昼間は感じなくて、寝るときに感じるのですから、 おそらく忙しいときや気が紛れているときには 自覚することのない(忘れている)動悸なのだと思われます。
このような動悸は、第一印象として、あまり心配がありません。

本当に心臓に問題がないかですが、副甲状腺の手術をお受けになる 前に、術前検査として、心臓のチェックが行われると思いますので、 それで異常がなければ、ご心配をされることはないと考えます。

● 動悸について

動悸には大きく分けて2つありますのでご紹介します。

1つめは、不整脈としての動悸で、動悸がするときに脈拍の数が はやくなっています。1分間に100以上あったり、それ以下でも 脈のリズムがバラバラだったりしたら、このタイプです。

2つめは、不整脈は関係がなく、心臓が鼓動しているのを 感じてしまう動悸です。
普段は自分の心臓が打っているのは、自覚しませんよね。
ですが、たとえば緊張をしたりすると、ドキドキするのが わかることがあります。
これが、このタイプで、不整脈は関係しません。

[回答日 2007/6/6]

▲ページトップへ