透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q193.

腎不全になった祖母が、病院から血液透析と腹膜透析を 同時にすることをすすめられています。 両方の治療を同時に行うことはできるのでしょうか? 時間の制約が増えたり、食事制限が行われるのではないかと心配です。

●血液透析と腹膜透析との併用療法

血液透析と腹膜透析との併用療法ですが、確かにそういうやり方があります。
しかも、近年、この方法が腎不全の治療方法として優れている、 という報告があがってきていて、私たちのクリニックのある静岡市でも、 このやり方を勧めている先生がいらっしゃいます。
ただし、申し訳ありませんが、当院ではその経験がありません。

●併用療法の実際

腹膜透析を行いながら、週に1回血液透析という方法が多いようです。
メリットとして、腹膜を休めることができるため、腹膜が長持ちする、 ということがあげられます。
お聞きになっているかもしれませんが、腹膜には寿命があり、 個人差はありますが、だいたい5年くらいで腹膜透析はできなくなります。
そうすると、選択肢は血液透析しかなくなってしまうのです。

一方、血液透析は食事制限や水分制限がある程度厳しい治療です。
ところが、腹膜透析を併用すると、この食事制限がかなり緩和されます。
また、血液透析は原則として週に3回の治療ですが、併用であれば、 上に書きましたように、週に1回の通院ですみます。

●食事制限について

ご心配されている食事制限については、併用療法だから 厳しくなる、ということはありません。
腹膜透析単独であれば、通院は月に1-2回程度ですみます。
また、血液透析のように針を刺されることもありません。
血液透析単独であれば、自宅での治療は不要で(自己管理は必要ですが)、 治療はすべて医療機関(病院・診療所)で行われます。

●ご本人、ご家族、主治医で相談を

もし、併用療法を行うと、どちらもやらなければいけないわけです。
ですが、それだけのメリットもある治療ですよ、ということになります。
お祖母さまのお体の状態や、自己管理が可能かどうか、ご家族のご協力が どの程度得られるか、など、さまざまなことを考慮しながら、どの治療法が よいのかを考える必要があると思います。
ご家族でも相談をなさって、主治医の先生のご意見もお聞きになってみて下さい。

[回答日 2007/8/29]

▲ページトップへ