HOME > 透析Q&A > 液温設定 臨床工学技士

>>前のページに戻る

透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q197.

透析室に勤務してる看護師です。 今まで、患者様に合わせて液温を設定してきたのですが、 最近になってMEのほうから、液温を下げても血圧は上がらないと言われました。 今までずっと血圧低下には液温を下げたり、寒いと訴える患者様には液温を 上げたりしてきたのですが、意味のないことなんでしょうか?

ご質問をいただくのはありがたいことですが、 あなたの施設の患者様にとって「いい透析治療」のために、 透析施設のスタッフで十分に話し合っていただければと存じます。

さて、血圧低下に対して液温を下げることですが、これは経験的に 行われているのであり、きちんとしたエビデンスはないようです。
けれども、透析学会などで発表されてもいますから、多くの施設で この方法が行われていると思われます。

液温を下げると血圧が上がる理由ですが、液温を下げて、 体外循環している血液の温度を下げると、温度が低下した血液が 患者様の体内に戻り、結果として、末梢血管を収縮させて 血圧が下がりにくくなる(=上がる)と考えられています。

けれども、実際には体内に戻った血液はすぐに温められて、 もとの体温に戻ってしまいますから、「意味はないのだ」という 主張がなされるのかも知れません。

明確なエビデンスがなくても、もしその治療法がある程度有効であり、 また患者様に危害を加えないものであれば、よいのではないかと考えます。
透析温を下げて、患者様が寒がらないのであれば、低温透析は 悪くないですよね。

また、患者様の痒みが強いときに、液温を下げると痒みが若干ではあっても 軽快することがあります。
日本血液浄化研究会さんのホームページ内の 透析中の血圧低下にも低温透析が触れられていますから、よろしかったらご覧下さい。

次に、液温を上げる操作ですが、よく行われるのは 患者様が寒がっているときですよね。
これは、患者様自身が、液温を上げると寒さが楽になることを ご存じのことが多いので、血圧が下がらないのであれば、患者様の ご希望通りに、液温を上げてもよいと思います。

[回答日 2007/10/4]

▲ページトップへ