透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q21.

いらいら感が強くなってきたと相談したところ、ダイアライザーが、FBからBS−Uに変更になりました。 違いはどこにあるのでしょうか?血液検査では効果が感じられないのですが?

まずはイライラ感について、簡単にお話ししておきます。
透析が長期になってくると、このイライラ感や、かゆみといった、 自覚症状が出てきやすくなります。
もちろん、こういった症状は出る人と出ない人があるので、 詳しい原因はまだよくわかっていないのですが、 ほかの透析合併症と同様に「尿毒素」が悪さをしているのだと 考えられています。
ですから、治療としてはまず毒素を除去しよう、ということになるのです。

そこで、ダイアライザーが変更になったのですね。
FBからBS−Uというものになったとのことですが、 結論から言ってしまえば、この選択でよろしいかと思います。

FBはセルローストリアセテート、BS−Uはポリスルフォンという 素材でできています。BS−UはFBに比べて、分子量の大きな 毒素(「中分子物質」などと呼ばれています)がよく除去できるように 作られています。
そして、イライラやかゆみの原因は(少なくとも その一部分は)、この中分子の毒素にあるのではないか、 と考えられているのです。

血液検査のデータとは、尿素窒素(BUN)やクレアチニンの ことではないでしょうか?
BUNやクレアチニンは「小分子」なのです。
ですから、このデータには変化がなくても、BS−Uの方が中分子は たくさん除去されているはずです。
毒素が除去されたからといって、すぐに症状が軽くなるわけではありません。 今後も主治医の先生に十分にご相談なさりながら、 治療をお受けになってください。
[回答日 2002/5/19]

▲ページトップへ