HOME > 透析Q&A > 腹膜透析 クレアチニン BUN

>>前のページに戻る

透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q225.

80代の祖母が血液透析治療をすすめられています。 腹膜透析という方法もあるそうですが、腹膜透析はクレアチニン、BUNが どのくらい値までなら可能なのでしょうか? 祖母は高血圧、貧血もあります。

●血液透析か?腹膜透析か?

血液透析では、血圧が下がってしまい意識がなくなることがあります。
腹膜透析(CAPD)では、おなかの中に1.5リットルから2リットルの液が入りますので、 おなかが張って、それが苦痛になる可能性はあります。

ですから、腹膜透析と血液透析とを比べてどちらが苦痛が大きいのか?は 一概に言えないところがあります。
通院の手間が少ない点から、ご家族の協力が十分に得られるのであれば、CAPDは ご高齢の方にとって、いい治療法だと考えています。

●腹膜透析とBUNやクレアチニンの値について

腹膜透析では、血液透析と比べると、尿毒素(クレアチニンやBUN)の 除去効率がよくありません。

ですが、ご高齢の方では、お若い方と比べれば、それほどたくさんの 尿毒素を除去する必要もないと考えられています。
ですから、お祖母様のBUNやクレアチニンの値がいくつであっても、 その数値によって腹膜透析ができない、ということはありません。

もちろん、高血圧や貧血の合併症があっても、血液透析・腹膜透析ともに 選択することが可能です。

お祖母様にとって、どちらの治療方法がより適しているのか、 主治医の先生とよく相談をして選択してみて下さい。

[回答日 2008/10/23]

▲ページトップへ