透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(535)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(25)
透析治療について(204)
腎移植について(3)
腹膜透析について(19)
日常生活・食生活(77)
仕事(5)
合併症(128)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(34)
医療・介護従事者からの質問(20)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(40)

Q244.

透析歴32年になります。 腰椎に変形・圧迫骨折があり腰痛で悩んでいます。 インタクトPTHは100ぐらいが良いのか 300ぐらいがいいのか迷っています。 また、Ca値はどのくらいを患者さんに指導していますか?

●インタクトPTHについて

2006年に発表された日本透析医学会のガイドラインでは、 インタクトPTHを60〜180の間にするように推奨しています。

この場合、透析歴が長いかどうか、骨の合併症があるかどうかを 問わずに、この値にするよう勧められています。

ガイドラインは、必ずその値にしなければいけない、というものではなく、 個々の患者様の状態に合わせた治療を行うことが前提で、その上で 目指すべき目標値を発表したものです。

ですから、私どものクリニックでも、すべての患者様が 60〜180の間になっているわけではありません。

しかしながら、それでも300というのは高すぎる印象があります。

現在は、PTHを下げることが比較的容易になりましたので、 やはり200以下を目指して治療をお受けになった方がよいと考えます。

●Ca値について

8.5〜10.0の間を目標にしていますが、リンの値がきちんと コントロールされていればこの範囲から多少はずれてもあまり問題としていません。

ただし、リンの値が高めの方は異所性の石灰化を予防するために カルシウムは低めにするようにお勧めしています。

また、PTHが高めの方は、そのPTHを抑制しなければなりませんから、 リンが高くないということを前提に、カルシウムは高めにすることを お勧めしています。

以上をご参考にしていただき、主治医の先生にご相談なさることを おすすめいたします。

[回答日 2009/6/9]

▲ページトップへ