透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q249.

看護師をしています。 心不全の患者さんで、ほとんど尿が出なくなってしまったときに、 透析を開始後、尿が多量に流出するようになるのはどうしてなのでしょうか?

●尿量が減少する原因

うっ血性心不全の時に尿量が減ってしまい、大量の利尿薬を 投与したり、透析治療を行うことがあります。
そのような場合のご質問と判断してお答えさせていただきます。

尿量が減少する原因は、腎血流が減ってしまうためです。

心不全は、心臓が十分に血液を駆出できなくなった状態ですから、 全身の臓器の血流不足が起こります。
腎臓の血流も不足してしまうために、尿量が減少してしまうのです。

尿量の減少は、水とナトリウムの貯留を引き起こし、 ますます心不全状態が悪化するという悪循環に陥ります。

●治療後に尿量が一気に増える理由

治療としての利尿薬や透析、あるいは他の薬物療法などが奏効すると、 水分貯留が解消されて、心臓の収縮力が回復し、 心臓が駆出する血流量も増えてきます。

そうすると、腎血流も増加して、腎機能が回復するのです。

尿量が一気に増えるのは、体に貯留した水分とナトリウムを 体外に排泄するためなのです。

[回答日 2009/9/3]

▲ページトップへ