透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(535)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(25)
透析治療について(204)
腎移植について(3)
腹膜透析について(19)
日常生活・食生活(77)
仕事(5)
合併症(128)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(34)
医療・介護従事者からの質問(20)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(40)

Q260.

透析を始めてから30年、うち腎臓移植期間11年です。 カルシウムリン積は60未満です。 最近は、シャント部位だけでなく、全身で動脈硬化が 進行しているとの説明が医師からありました。 例えば、心臓の弁、頚動脈、脚へ繋がっている動脈など さまざまな箇所でカルシウム沈着を起こしているとのことです。 レントゲン写真を見ると、血管が白く写って 細くなっているのが分かります。 それで漠然とした不安を感じています。

●動脈の石灰化が進行している方は多い

透析歴が(腎移植により離脱している期間があっても) 30年ということですと、動脈の石灰化が進行している方は たくさんいらっしゃいます。

カルシウムとリンのコントロールが良好であり、カルシウムリン積が 60未満の状態を保てていても、異所性石灰化を完全には 抑制できないということが経験的に知られています。

特に、心臓を含む動脈系の血管にはカルシウムが沈着しやすいです。

石灰化が進行していることは好ましいことではありません。

異所性石灰化が進行すると、その動脈が詰まってしまったり、 詰まらないまでも血液が通りにくくなることが危惧されます。
頭に行く動脈が詰まれば脳梗塞、心臓の冠動脈が詰まれば 心筋梗塞なども考えられます。

●異所性石灰化の対処方法について

では、異所性石灰化の対処方法についてですが、 最近は、完全に血管が詰まってしまう前に (つまり「通りが悪くなった」という段階で)治療が 行われることが多くなってきています。

もっとも普及しているのは、冠動脈に対するインターベンションと 呼ばれる治療法です。
石灰化した動脈は通常の風船では拡張しにくいことが多いため、 ロータブレーターなどと呼ばれる血管内に入れるドリルで 狭くなったところを削ってしまう治療が 行われるようになってきています。

頸動脈では、内膜剥離術という手術を行う病院もありますし、 足の動脈でも、カテーテルによる治療や手術をしての バイパス療法などが行われます。

●これからのために大切なこと

上記のような対処方法があるわけですから、大切なことは 「石灰化が進行してるかどうか」を検査するだけではなく、 「血液が通りやすい状態が維持できているのか、あるいは 詰まりかけているのか」ということをきちんと評価して、 早期に対処することになります。

このためには、血管造影・血管超音波検査(エコー)、 CTスキャンなどの検査を組み合わせて行います。

石灰化があると、一つの検査だけでは評価が難しいことがあるからです。

また、心臓の弁へのカルシウムの沈着も、 長期に透析をお受けの方ではしばしば認められます。

弁へのカルシウムの沈着は、血液の逆流や、反対に血液が 通りにくくなる狭窄という病気の原因となります。

これらの逆流や狭窄が心臓に悪影響を及ぼすようであれば、 手術によって弁を取り替える治療が行われますが、 どの程度の逆流や狭窄があるのか、手術をする必要が あるほどの程度なのか、手術が可能かどうかなどを見極めるためには エコーと心臓カテーテル検査が行われます。

[回答日 2009/12/16]

▲ページトップへ