透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(485)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(24)
透析治療について(192)
腎移植について(3)
腹膜透析について(12)
日常生活・食生活(68)
仕事(5)
合併症(115)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(31)
医療・介護従事者からの質問(17)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)

Q484.

先月、腹膜透析の手術をしてカテーテル留置して、自宅で透析治療が始まりました。退院時体重71キロでしたが現76キロに増え除水も余り有りません。毎日の除水量はトータルでマイナスです、当然浮腫みも出てきて心配です。


1か月で5kgほどの体重増加があり、腹膜透析での除水もあまりない、とのことで御心配のことと思います。

毒素は十分に抜けているとのことですので、主治医の先生は血液検査の結果を見て下さっており、体重が増加していることもご存知であることを前提にお話しいたします。

腹膜透析を開始して1か月ほど、とのことですが、腹膜平衡試験(PETと言います)の結果はご存知でしょうか?

この結果がL(low)またはLA(low average)の場合、同じ濃度の腹膜透析液でも長めに滞液させた方が除水量が増えることがあり、反対にHA(high average)の場合は滞液時間を短めに変更する方法があります。

腹膜透析液の濃度を上げる、つまり1.5%のダイアニールを2.5%に変更する方法もありますが、できれば、透析液のブドウ糖の濃度は低めにしておきたいので、場合によっては、エクストラニールというブドウ糖の入っていない透析液に変更する方法も選択肢に上げられると思います。

さらに、腹膜透析の場合には、残存腎機能が保たれやすいという特徴があります。
ですので、まだオシッコが出ているものと思われますので、腹膜透析での除水量が増えてくるまでの間、利尿剤を増量するという方法もあります。

主治医の先生と相談をしながら、どのような方法がよいのかお決めになって下さい。

 

[回答日 2018/11/19]

 

▲ページトップへ