HOME > 透析Q&A > 新型コロナウイルス感染症対策

>>前のページに戻る

透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(523)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(17)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(125)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q522. 新型コロナウイルス感染症の対策について質問します。血液透析治療を受けている間、激しい咳をする患者が近くに居て飛沫感染がとても気になるし、恐怖さえ感じる時があります。本来、透析室内の感染対策はどのようにあれば良いのでしょうか。

 

血液透析をお受けになっている方は、定期的に医療機関に通院される必要がありますから、外出を避けて自宅で過ごす、というわけにはいきません。

加えて、基礎疾患のある方は新型コロナ肺炎が重症になりやすいと言われており、腎臓病をお持ちの方も、この「基礎疾患」に含まれますので、御心配のことと思います。

さて、御質問にある透析室内の感染対策ですが、通常言われている距離を空ける対策が、もっとも望ましいのだろうと考えています。

しかしながら、現実的には、ベッドとベッドの間を現行よりも広くできる透析施設はほとんどないでしょう。

ですので、現実的な対応として、来院ごとにお熱を測らせていただき、マスクを着用していただき、37.5℃以上の熱が2日以上続いた場合には、ウイルスに感染しているかどうかのPCRという検査をお受けいただくという形になります。

御質問にあるように、咳をされているけれど熱がない方の場合で、PCR検査をお受けになれない場合は、疑い例として、個室透析が可能であれば個室透析とさせていただきます。

個室を用意していない透析施設がほとんどですので、その場合には、他の患者さんと離して透析治療を行うか、時間をずらして他の患者さんがいない時間帯に治療を行うか、それが不可能であればスクリーンやビニールシートなどで咳によって吐き出される痰の飛沫が拡がらないようにするということが行われます。

透析施設によって、どの対策を講じることが可能かが異なりますので、主治医の先生にお尋ねになってみて下さい。

 

[回答日 2021/1/5]

 

▲ページトップへ