透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(527)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(25)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(18)
日常生活・食生活(76)
仕事(5)
合併症(127)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q527. 腹膜透析をしていて先日お腹が痛くへその辺りが出っ張っているので受診をしたらへそヘルニアと診断されました。お腹をの部分を押しているといいと聞きますが、普段の生活での防止になるのですか?また、気を付けることはありますか?

 

●腹膜透析とヘルニアについて

腹膜透析をお受けになっている方は、お腹に透析液を入れているため、お腹の中の圧力が高くなり、ヘルニアを起こしやすくなります。

ここで言うヘルニアは、腸がお腹の中から脱出することであり、そけいヘルニア・大腿ヘルニア・臍(へそ)ヘルニアなどがあります。

おへその部分から腸が脱出してしまうので、おへその部分を押さえられるようにしておくことで、ヘルニアの再発を防ぐことができることもあります。

●ヘルニアで注意したいこと

ヘルニアで注意が必要なのは、「嵌頓(かんとん)」という状態です。

これは、ヘルニアがおへその部分から脱出したあと、元に戻らなくなり、脱出したおへその部分で腸がくびれるため、血行が悪くなって腸が腐ってしまう(壊死と言います)ことで、緊急の手術が必要になります。

成人の臍ヘルニアは嵌頓しやすいことが知られていますので、外科の先生によっては、無症状のうちに手術をしてヘルニアにならないように治療しておくことを勧める先生もいます。

たびたび腸が脱出してしまうようであれば、このような手術もありますので、主治医の先生とよく相談しながら治療方針をお決めになって下さい。

 

[回答日 2021/4/22]

 

▲ページトップへ