HOME > 透析Q&A > カリウム カリウム制限 リン リン制限

>>前のページに戻る

透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(524)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(17)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(126)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q61.

カリウム制限の設定数値は食品成分表の「生」の状態での数値ですか?

カリウム制限は、透析をお受けになる方の食事療法で中心となる とても重要なポイントです。
血液中のカリウムが増えてしまうと、心臓が止まってしまうことがあるからです。

カリウムを、一日にどのくらいまで摂ってもよいのかは、 それぞれの患者さんで大きく異なります。

このカリウムの設定数値は、食品成分表の「生」の状態での数値 ではなく、あくまで、食べて消化吸収される量で考えます。

たとえば、生野菜にはカリウムがたくさん含まれますが、 細かく切って水にさらしておくと、カリウムの量は 1/5ほど減少します。
また、ゆでて、そのゆで汁をこぼす(捨ててしまう)と、 カリウムの量は1/3くらい減ってくれます。

このように調理の工夫によって、野菜も摂れるようになります。

また、「ほうれんそうなど青菜はカリウムが高いということで 食べてはいけないのでしょうか?」というご質問を受けます。

これについてですが、透析の食事療法で、 食べてはいけないものはありません。
「食べる量が問題」なのです。

ほうれんそうならば、ゆでこぼしをしていただければ 上に書いたようにカリウムの量を減らすことができますし、 もし生で食べたい時には、ゆでこぼしをした時よりも 減らして食べればいいわけです。

ただし、調理の工夫によってもカリウムがゼロになるわけでは ありませんので、「制限」は必要となります。

実際にどの程度まで食べていいのかは、血液の検査の結果に よって決まってきますので、主治医の先生や担当の栄養士などに おたずねになってみてください。

[回答日 2004/4/6]

▲ページトップへ