透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(535)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(25)
透析治療について(204)
腎移植について(3)
腹膜透析について(19)
日常生活・食生活(77)
仕事(5)
合併症(128)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(34)
医療・介護従事者からの質問(20)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(40)

Q73.

透析をしている人は難聴になりやすいのでしょうか?

血液透析(あるいは慢性腎不全)と難聴との関係は、 以前より指摘されています。

精密な聴力の検査をすると、透析をお受けになっている方の 6割近くに難聴がある、という報告も見られます。

しかし、そのほとんどは日常生活には支障がなく、 検査をして初めてわかるレベルの難聴です。

聴力障害の原因は不明のことが多いのですが、
・尿毒素によるもの
・薬剤によるもの
・電解質バランスの乱れによるもの(ナトリウムの異常など)
・貧血の影響
などが原因ではないか、と考えられています。

腎臓を悪くされた元の病気が「アルポート症候群」という病気の方は 耳が聞こえにくくなることが知られています。

いずれにしても、聴力障害の治療はなかなか難しく、 一度聞こえにくくなってしまった耳を、元のように戻す 決定的な治療はないのが現状です。

[回答日 2004/7/13]


▲ページトップへ