透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(524)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(17)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(126)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q76.

リンとカリウムの数値の目安を教えてください。

2004年6月現在、お答えできる目安をお話します。

リンについて説明します。

以前はリンの目標値は、透析前で6以下とされていました。
ところが、この数値では異所性石灰化を予防できないことは かなり以前からわかっていたのです。
昨年の6月から塩酸セベラマー(レナジェル)というリンを下げる クスリが使用できることになったこともあって、リンを積極的に さげるようになってきています。

そこで現在では、透析前のリンは4.5前後を目標としている 施設がふえています。
透析後のリンは2以下になるなど、一時的にリンが下がっても、 透析前のリンが高いよりはずっといいと考えています。

次にカリウムです。

カリウムの目標値は、透析前で5.5以下としている本が多いのですが、 最近は「カリウム制限をもう少し緩くしてもいいのではないか?」という 先生がふえてきています。

私もそのように考えていて、6.0くらいまでは問題ないと 思っています。もちろん、これには反対する意見もあって、 5.5以下を厳守する先生もいらっしゃいます。

また、仮に、透析前のカリウムが4.5という場合は、 かなり余裕がある数値になりますが、これもリンと同様で、 高いよりはずっといいです。
ですから、透析前が4.5では低すぎる、ということは ないと思います。

低カリウムは筋肉の力を弱くさせて、脱力感を生じたり、 場合によっては不整脈が出てくることもありますが、 いずれにしても、高カリウムよりは安全です。

[回答日 2004/8/3]


▲ページトップへ