透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q92.

患者さんが多くなってスタッフの皆さんが忙しいようです。相談するにも遠慮がちになってしまいます。

透析を長くやっていますと、スタッフとも気心がしれてきます。
そうしますと「ちょっと忙しそうだから、私は遠慮しておこう」 というお気持ちがでてくる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ご相談なさりたいことがあるのでしたら、 ご遠慮なさらないでください。

一番身近で、お体の調子を診ているのは、主治医の先生と 透析スタッフですよね。

ですから、スタッフ(や主治医の先生)が忙しくても、 相談する相手はそのスタッフ・主治医の先生が一番ですし、 それ以外の人間(このようなホームページでの質問受付等)では、 正確な状態はわからないのですから、一般論でしかお話ができないのです。

「いい透析」を実現するための基盤は、スタッフと患者さんとの コミュニケーションです。

忙しくても、医療従事者は患者さんや、そのご家族とお話することを うとましく思うことはありません。

さすがにいつでもOK、というわけにはいかないでしょうけれど、 きっと時間を作ってくれると思います。
そこで主治医の先生や看護師と相談されるのが、 最も解決に近づける方法だと思います。


[回答日 2005/1/11]

▲ページトップへ