偕行会の透析医療

技術の高みを追求しながら

人の心の温かさも大切にする

偕行会グループは、1都6県(愛知・岐阜・三重・静岡・長野・埼玉・東京)にて3,000名を超える透析患者様をサポートしています。

グループの透析施設は全国に22施設(4病院・18クリニック)。いずれも透析の質にこだわり、患者様に寄り添った治療をめざしています。

偕行会の透析
偕行会の透析の6つの強み
 

透析患者様は、全身の動脈硬化や免疫力の低下など一般の方に比べ病気になるリスクが高いといわれていますが、偕行会グループでは合併症を予防、早期発見・治療するため、専門的な検査やきめ細やかな対応に力を入れています。

徹底した水質管理
心臓アンモニアPET検査
認知症対策
人工炭酸泉
透析運動療法
栄養管理
偕行会グループ.png
透析患者の推移
透析患者の推移

偕行会グループでは、透析治療をしながらも、元気に楽しんで生活していただくために「透析の質」「快適な環境」「おもてなし」を心がけ、一人ひとりに最適な治療を提供しています。

充実したケアや検査、患者様やスタッフ間のコミュニケーションを大切にし、チーム医療を行っています。

こうした日々の取り組みが信頼に繋がり、患者様の数に表れています。