透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q155]半年前にシャントをつくった頃から指先のしびれがあります。透析が始まってから指先の痛みが増しています。痛み止めの筋肉注射をしても1時間半ほど痛みが落ち着く程度です。


 

[回答]


指先のしびれと痛みとのことですが、メールを拝見する限り、 シャント側の手指、ということだと思われます。

そうだとすると、どの指かが問題となります。


もし親指や人差し指にこの症状が出ているようでしたら、 シャントの影響を強く疑います。


ですから、以下の回答は指の痛みが、シャント側で、かつ、親指や 人差し指ということを前提に書かせていただきます。

もし、シャントのない方の指も痛いとか、小指まで痛むような場合は、 ほかの原因を考える必要があります。


では、回答です。


シャントは、親指や人差し指に行く血液を、手首のところ (シャントの手術をしたところ)で、Uターンさせて、血管を太くする手術です。


多くの方では、シャントを作って、血液をUターンさせても、指に行く血流が 減ったための症状が出ることはありません(実際には、ほかの血管から きちんと血液が供給されるのです)。


けれども、中には血液が減ってしまい、ほかの血管からの血液も来ないため、 しびれ感や痛みが出ることがあります。


しばらく様子をみると、血液の量がふえて症状が楽になることもあるのですが、 もう半年が経過しています。

これ以上待ってみても、指に行く血液がふえてくれるということは なさそうです。

痛み止めを長く続けることも、お体への影響が少なくないと思われますので、 根本的な対処が必要になると思われます。


もっとも確実なのはシャントを止めてしまって、新たにほかの部位にシャントを 作り直すことです。

透析の主治医の先生やシャントを作られた先生に相談をしてみてください。


[回答日 2006/6/13]

タグ:

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい