透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q26]シャント音がときどきかわったような気がするときがあります。シャント音を気にしたほうがよいでしょうか


 

[回答]


よいところに気づいていただきました。


シャント血管に狭いところができて血液の流れが悪くなってくると、 シャント音が変化(キュンキュンという高い音になったり、 音が小さくなったり)します。

日頃からシャントの音を聞いていて、変化しないかどうかを 確認する習慣をつけて頂くと、シャントが止まってしまう前に 対策をとれることがありますので面倒でなければ、 ぜひシャント音をきくのを習慣にして下さい。


そして、シャント音に変化があった場合には、主治医の先生や透析室の スタッフに伝えて下さい。


さて、シャント音と同じような言葉にスリル音というのがあります。

シャント音とスリル音は基本的には同じものだとお考えいただいて差し支えありません。


スリル(thrill)「振動」の意味で、シャントの吻合部などをさわったときに、 ビリビリあるいはザーザーする感じが手に伝わってくるのがスリルです。

けれども、シャントを直接耳に付けたり、聴診器を使ったりして音を聞いたときの ザーザーも、ご質問のように「スリル音」と呼ばれたりしています。


シャントがよく発達していて、たくさんの血液が流れていれば 振動(スリル)があり、スリル音が聞こえるわけですね。

ですから、シャント音はスリル音と同じと考えて頂いていいわけです。


[回答日 2002/5/19]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿