透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q29]最近透析をはじめました。シャント側の腕に真っ赤な湿疹ができてしまいました。透析特有の症状でしょうか?


 

[回答]


透析をお受けになっている方を悩ませる合併症の一つにかゆみがあります。

かゆみは、発疹がある場合と、ない場合とがありますが、どちらかというと、 発疹がなく、皮膚が乾燥してカサカサしてかゆい、という場合が多く見受けられます。

また、かゆみの原因は、尿毒素によるものと考えられていて、 かゆみの範囲は広いことが多いのです。


「湿疹」そのものの原因は、いまだに解明されていません。

また、透析をお受けになっている方には、湿疹をはじめとした 皮膚病変が出ることが多いようです。


診察していないのでご質問の湿疹の原因を特定することはできません。

あくまで予想の範囲として回答させていただきます。


ご質問の場合は、全身ではなく、比較的狭い範囲のものです。

また、かゆみの部位には、真っ赤な湿疹ができている、というのも 透析の合併症のかゆみとしては、典型的ではありません。


透析をお受けになっている方で、皮膚に副作用が出るとすると、 まず考えなければいけないのは、シャントを消毒するときの消毒薬です。

これも他の部位にも湿疹がでていれば可能性が低くなります。


また、これはまれなケースですが、透析中に使用する ヘパリンが悪さをして、かゆみをともなう発疹が出た患者さんを 診たことがあります。

この患者さんの場合には、ヘパリンを低分子ヘパリンに 切り替えたところ、すぐに皮膚はきれいになりました。

けれども、こういった可能性は、そうそうあるものではありません。


また、飲み薬などによる薬疹ですが、これは皮膚科の先生が見落とすことは まずありません。


このように、さまざまな原因が予測されますが、まずは、主治医の方に しっかりと診ていただき、対応するのがよいと思われます。


[回答日 2003/5/26]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい