透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q35]一日中、しゃっくりがとまりません。とめる方法はないでしょうか。


 

[回答]


しゃっくりは、命に関わることは滅多にありませんが、一日中、続くとなると、体が休まらずに大変だと思います。


難治性のしゃっくりを診た時に、横隔膜の下に病変が見つかることが時々あります。

具体的には胆石や胆嚢炎などと呼ばれる病気が隠れていることなどです。

検査をお受けになってみるのもよいことだと思われます。


もしも、こういった病気がない時に(つまり、はっきりした原因がわからない時に)おくすりが使われます。

代表的なものをご紹介しますと、ブスコパンの注射や、テグレトール・セレネース・プリンペラン・リボトリールといったクスリが 内服で使用されることがあります。

また、2003年2月、日本内科学会の雑誌に「難治性のしゃっくりにメキシチールというクスリが有効なことがある」という報告が発表されました。

このメキシチールは、不整脈のクスリです。


しゃっくりに対して用いられるクスリは、さまざまで、どれが一番効く、ということではなく、どれがその方にあうか? ということになると思います。

ですから、主治医の先生に相談された上で、上記のどれかから試してみる、というのが現実的な対応ではないかと考えます。


どうしても治らない場合には、頚部硬膜外ブロックや横隔神経という横隔膜にいく神経を切断してしまう手術などといった治療もあります。

けれども、手術となるとすぐにやりましょう、というわけにはいきませんから、やはり、まずクスリを試してみる、というのがよろしいかと思います。


[回答日 2003/7/21]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ