透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q40]石灰化とはどういうことでしょうか?治るのでしょうか?


 

[回答]


透析をお受けになっている方に血管(特に動脈)の石灰化がよく生じます。


また、心臓ですが、心臓の筋肉に石灰化が生じることが ありますし、心臓に酸素や栄養分を運ぶ冠動脈という 血管に石灰化が生じることがあります。


心臓の筋肉に石灰化が生じると、心臓の動きが悪くなってしまいます。


また、冠動脈の石灰化は、心臓に酸素が行きにくくなるので、 狭心症や心筋梗塞といった重大な病気の誘因となりうる状態です。


ですから、どちらにしても、石灰化が起きてしまうことは 好ましくないわけです。


こうした異所性の石灰化は、カルシウムとリンの値を 掛け合わせた数値が大きくなると起きやすいことが知られています。


具体的には、カルシウム×リンの値が70を超えるといけない。 と言われています。

例えば、カルシウムが9.5、リンが7.5の場合は カルシウム×リンは71.25となって、70を超えてしまうのですね。


カルシウムを下げすぎると、骨が悪くなってしまいますから、 カルシウム×リンの値を下げるためには、リンの値を下げることが大切です。


石灰化が治るか?ということですが、現在のところ 決定的な治療法はわかっておりません。


しかし、カルシトニンというクスリ(注射薬)が、異所性の石灰化に有効である。 という報告がありますので、これを使用している施設もあります。

また、先月の2003年6月26日に発売された、塩酸セベラマー というクスリは、カルシウムの値を上げることなく、リンの値を 下げてくれる効果を持っています。


このクスリを上手に使うことによって、カルシウム×リンの 値を、これまでよりもずっと下げることが可能になるはずです。


これまでは、カルシウム×リンの目標値は60以下だったのですが、 これを45とか40という値まで、下げることができるようになるかも知れません。


そうすることによって、異所性の石灰化が多少なりとも とれてきてくれるか、そこまで行かなくても、これ以上悪化させない ようにできるのか、この新しく発売された薬剤にも期待が集まっています。


カルシトニンや塩酸セベラマーというクスリを使った方がいいかどうかは、 主治医の先生とよく相談して、決めていただきたいと存じます。


[回答日 2003/9/1]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい