透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q46]家族が、腎臓を片方摘出し、1つだけになっています。食事について気をつけることを教えてください。


 

[回答]


片方の腎臓を摘出した場合ですが、もう片方の腎臓の はたらきはどうなのかによって、気をつけることはかわってきます。


まず、残された腎臓のはたらきが正常である場合です。


食事に関して、それほど神経を使わなくてすみます。

まず、塩分制限は行っていただきたいと思います。

そうして、むくみなどがなければ、水分は積極的に 摂っていただきたいのです。

特に夏の暑い日や、風邪などで熱のある日、下痢の日などは 脱水になりやすいですよね。

脱水は腎臓にとって大きな負担となります。

飲みたくなくても、一日に1.5L程度は飲んでいただいた方が 腎臓は助かります。


さて、残された腎臓のはたらきが悪くなってきている場合です。


やはり塩分制限は、必ず行っていただきたいことがらです。

しかも、腎機能が正常の時は、塩分制限といっても あまり塩辛いものは控える程度でよかったのですが、 腎機能が悪くなっている時には、一日の食塩の量を 6-7gまで制限していただきたいのです。

この量を達成するのはなかなか困難ですから、 厳密な塩分制限、時には食事の量をはかって食べることも 必要になってきます。


水分ですが、やはりむくみがなければ、積極的に 飲んだ方が、腎臓への負担を減らすことができます。

タンパク質(肉・魚・乳製品などですね)の制限が 必要になる場合があります。

タンパク制限が必要かどうかは、残った腎臓のはたらきに よりますから、主治医の先生とよく相談してみてください。


以上のように、片方の腎臓を摘出した後の食事療法は、 透析をお受けになっている方の食事療法とは異なります。


定期的な検査(尿検査と血液の検査)をきちんと受けることも 心掛けておいてください。


[回答日 2003/10/27]

タグ:

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ