透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q53]透析後に身体がだるくなることがあります。 原因として考えられるものを教えてください。


 

[回答]


透析後のだるさですが、いろいろな原因で起きてきます。


(1) 除水による原因


透析では、増えた水分(体重)を取り除く(これを除水といいますね)のですが、 この除水量が多いと、透析後に体がだるくなります。

基準となる体重の4-5%以内に、体重の増加を抑えるのが理想的です。

体重の増加が多くない時には、基準の体重(ドライウェイトと呼んだりします)が 適切かどうかを、検討します。

ドライウェイトが低すぎると、やはり透析後にだるくなったり、吐いたりすることが あります。


(2) 毒素による原因


透析では、尿毒素を除去しています。

これはとても重要なことで、毒素はできるだけたくさん除去したいのですが、 特にご高齢の方の場合、あまりたくさん毒素を取り除くと、透析のあとに 頭痛がしたり、吐いたり、だるくなったりします(不均衡症候群と呼んでいます)。

毒素はたくさん除去したいのですが、やりすぎは自覚的には大変になってしまうのですね。

この場合の対策は、今よりも毒素を除去しない(透析効率を下げる)治療にすることです。

1回の透析でどれだけ毒素を除去するのかの調節は、簡単にできますから、 血液の検査を見ながら、この透析効率を検討します。

また、グリセオールという点滴のお薬を透析で使うと、 この不均衡症候群が楽になる方がいらっしゃいます。


(3) 原因不明のだるさ


上にあげた2つの原因ではなく、よくわからないだるさもあるのです。

原因が不明ですので、決定的な対策もありません。

また、透析をしているうちに「慣れてくる」こともあります。

ただ、透析をはじめられて、3~4か月ほどになれば 慣れてきていいころだと思われます。


[回答日 2004/1/28]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい