透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q69]シャントがつぶれるとはどのようなことですか?


 

[回答]


シャントが止まってしまう原因の多くは、吻合部(手術をしたところ)にあります。


この部分が細くなってきたり、硬くなってきたり(その両方の ことが多いのですが)して、血管の中で血液が固まってしまい、 シャントが止まってしまうのです。

この状態を「シャントがつぶれる」と表現します。


止まってしまうと透析ができなくなってしまいますから、シャントを なおす手術が必要となります。


シャントを長持ちさせることはとても大事なことです。


そのため、シャントの血管を強く圧迫しないようにという指導が なされるのです。


では、透析終了後の止血の圧迫はいいのでしょうか?


圧迫しないことには止血ができませんから、押さえざるを得ないのですが、 きつく圧迫することはお勧めできません。


穿刺した部分から血液が漏れ出てこない、最小限の力で圧迫を していただきたいのです。


このような圧迫の仕方をすると、シャントの血液は流れていますから、 圧迫をした状態でも、ザーザーする感じ(スリル)が 感じられるはずです。


[回答日 2004/6/15]

タグ:

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿