透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q72]低血圧の対処法について教えてください。


 

[回答]


低血圧でお悩みの方の場合、まっさきに考えたいのは ドライウェイト(基準体重)が適切かどうかです。

ドライウェイトがきついとどうしても血圧が下がってしまいます。


治療方法を通常の透析から「血液濾過透析(HDF)」という方法に 変更すると、透析時の低血圧が多少楽になることがあります。


(参考) HDFとは何ですか?


ただし、すべての透析施設でこのHDFが可能なわけではありません。

また、透析で除水にともなう低血圧がよくなっても、治療時間以外の 低血圧には、無効です。


心臓のはたらきが悪くなっていないかどうかをチェックすることも 大切です。心臓が悪くなって、血圧が下がっているのであれば 循環器専門医の治療により、回復する可能性もあります。


血圧を上げるクスリを使うこともよく行われます。

クスリは点滴や注射で入れるものと、飲み薬とがあり、 その両方を用いることもあります。


繰り返しになってしまいますが、長期間の透析をお受けになっている方は、 これらの対策を行ってもなお、低血圧に悩まされることがあります。


けれども、仕方がないとあきらめずに、なんとかいろいろな方法を 試してみたいと、透析室のスタッフは考えているはずです。


また、ご家族に協力できることは?と考えますと、 体重を増やさないようにすることにつきます。

透析で除水量が多いとどうしても血圧が下がりやすくなります。

まずは、食事療法で減塩食に気をつけていただき、汁物などの おかずもできれば減らしていただきたいと思います。


[回答日 2004/7/6]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい