透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q75]透析終了後に頭痛がして、血圧が高くなります。主治医の先生には原因不明といわれました。何故でしょうか?


 

[回答]


まず、頭痛だけであったら、不均衡症候群を考えます。


尿毒素がたくさん除去されるために引き起こされる頭痛で、 通常は透析の導入期に多いのですが、透析を始めてから しばらくが経過し、透析に慣れたころに、この不均衡症候群が 出現することも、珍しくはありません。


毒素がたくさん抜けるために引き起こされる症状ですから、 心配はないことが多いのですが、頭痛がひどくなると不快ですので、 透析中にグリセオールという点滴を行ったりします。

また、好ましいことではありませんが、透析のたびに 鎮痛剤をおのみになる方もいらっしゃいます。


さて、高血圧も伴うとのことですので、頭痛の正体は 不均衡症候群ではなく、この高血圧からくるものかも知れません。


透析をお受けになっている方の高血圧の原因にはさまざまなものがあり、 主治医の先生がおっしゃるように「原因不明」ということも まれならずあります。


まっさきに考えるのは、ドライウェイトが適切かどうかです。

除水が不十分だと血圧が高くなります。

また、透析を行うと血圧が高くなるのであれば、レニン-アルドステロン- アンジオテンシン系という、血圧を上げるホルモンがですぎている 可能性もあります。

レニンは腎臓から分泌されるホルモンなのですが、 腎機能が悪くなった方では、このホルモンが必要以上に分泌されて 高血圧を引き起こすことがあります。

そして、数は多くないのですが、上にあげたホルモン以外で 血圧を上げるホルモンにエピネフリンというものがあるのですが、 このエピネフリンが分泌されすぎても、血圧は上昇します。


現時点では「原因不明」ということですので、 おそらくこれらのホルモンの測定は済んでいるものと思われます。

そうなると、高血圧の原因はよくわからないことも多いです、という お答えになってしまうのです。


血圧が高くなってしまうことの対処は、おおざっぱに言ってしまえば 2通りしかありません。

ドライウェイトを下げるか(除水を強化するか)、降圧剤を 増やしていくのかですね。

どちらの方法がよいのかは、おからだの状態にもよりますから、 主治医の先生とよく相談をしてみてください。


[回答日 2004/7/27]

タグ:

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい