透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q79]口の中に出血することが時々あります。何故でしょうか?


 

[回答]


透析をお受けになっている方が、口の中に出血することは それほど珍しいことではありません。

もちろん、歯槽膿漏や歯肉炎があるのかも知れませんが、 歯科の先生が明らかな原因を見つけられなかったのであれば、 重症の歯科の病気はないのだと思います。


透析では、治療中に血液が固まってしまわないように、 ヘパリンというクスリを使います。

このヘパリンが効き過ぎると口腔内出血を来すことがあります。


また、ヘパリン以外に、やはり血液が固まりにくくなるような クスリを追加することもあります。

最近テレビなどでさかんに言われている血液をサラサラにして、 脳梗塞や心筋梗塞を予防しようというクスリなのですが、 この場合にはもっと出血しやすくなります。

このようなクスリが処方されていないかを確認してみてください。


おクスリが原因であれば、対処は比較的容易で、 クスリを減量することになります。


ただ、まれにクスリ(特にヘパリン)の減量によって、 透析中に血液が固まってしまい、治療に支障が出ることが あります。この場合には、対処が難しくなります。


ヘパリンについて、もう少しお話しをさせていただくと、 このクスリには2種類あります。

「未分画ヘパリン」と「低分子ヘパリン」と呼ばれています。


一般に透析では「未分画ヘパリン」が使用されていますが、 これを「低分子ヘパリン」に変更することによって、出血を 予防できることがあります。


[回答日 2004/8/25]

タグ:

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ