透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q81]通常通院している施設の他に、旅行先・出張先で透析を受けることになった場合に、施設に支払う費用は、どのようになっているのでしょうか?


 

[回答]


血液透析が必要な慢性腎不全にかかる医療費の、自己負担は 各月・各医療施設で1万円を超えない、というルールがあります。


これによれば、旅行先などで透析をお受けになった場合には、 その透析施設で1万円をお支払いいただくことになります。


もともと維持透析をお受けになっていらっしゃる透析施設にも 1万円の自己負担分をお支払いいただかなくてはなりませんから、 この月には2万円の医療費(自己負担)が発生します。


ほとんどの方は身体障害の1級に認定されているはずですから、 領収書を提出していただければ、この合わせて2万円は還付されます。


この還付は、現物支給となっている県もありますので、 詳しくは、現在透析をお受けになっている医療施設の事務担当者に お聞きになってみてください。


[回答日 2004/9/14]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ