透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q94]HDFのA液とB液は、混ざっていないといけないと聞きました。それは何故ですか?


 

[回答]


HDFで体の中に補充される液(置換液と呼んでいます)は A液とB液とを混合してから、使用するように作られています。


これが混ざっていないと、A液のみ(あるいはB液のみ)が お体の中に入ってくることになりますが、これは治療には 不都合な成分となってしまいます。


以前は、混ぜないで(混ぜるのを忘れて)治療を開始したために、 死亡された患者さんもいたのですが、現在の置換液は 万が一混合するのを忘れて使用しても、安全性については かなり確保されるようになっています。


それでも、やはり治療には適さないものですから、万が一、 混ざっていない。ということになれば、わかった時点で治療を中止する。 というのが正しい判断です。


はじめから混ぜた置換液が用意されていれば、間違いがなくていいのですが、 混ぜてから時間が経過すると、沈殿物が生じてしまうことがわかっているため、 現在のように、使用直前に混ぜて、治療に使うようになっています。


[回答日 2005/1/25]

タグ:

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持