透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q98]週2回4時間の透析をしていますが、週3回をすすめられています。しかし透析後半の血圧上昇、(血圧とは関係なく)頭痛にも悩まされており躊躇しています。


 

[回答]


頭痛に関しては、CTなどで、頭の中にこわい病気がないことは すでに確認をおとりになっていらっしゃるということを前提として、 それ以外のことについて、お答えをします。


透析後半に血圧が上がってくることは、それほど珍しいことではありません。 多くの方は、血圧が下がってしまいお体も大変になるのですが、 それに比べて、血圧が上がる方は、それほど自覚症状がなく むしろ、お体が楽な方が多いようです。


ところが、頭痛がひどくなってしまう・・・とのこと。 頭痛は血圧が上がらなくても出現する出現するようですから、 高血圧が頭痛の原因ではないようです。


とすると、原因としてもっとも考えやすいのは「不均衡症候群」という ことになります。


ごく簡単に言ってしまえば、不均衡症候群は毒素がたくさん抜けるために 頭痛が出てしまうので、「毒素の除去がいい証拠」ということもできるのです。


けれども、透析のたびに頭痛がするのでは、透析治療がつらくなってしまいます。

そこで、対策としてもっとも普通に行われるのは薬剤を点滴することです。

これによって、多くの方は頭痛が楽になりますが、中には薬剤が無効で、 いわゆる痛み止め(鎮痛剤)を必要とする方もいらっしゃいます。


さて、透析回数を増やすことですが、週に2回の透析を3回に増やして、 一回の透析で除去する毒素の量を今よりも減らすようにすれば、 不均衡症候群の頭痛は楽になる可能性は高いと思います。

ただし、頭痛の原因がほかにあれば、楽にはなりませんし、 これはあくまで理屈の上では楽になります、ということですので、 本当に楽になるかどうかは、実際にやってみないとわかりません。


透析回数を増やすということは、お体にとっては好ましいことのはずですから、 まずは透析回数を増やしてご覧になって、それで頭痛が楽になればそれでよし。

もしも楽にならない、あるいはかえって頭痛がひどくなってしまう ようでしたら、もう一度主治医の先生と相談をされるというのが よい方法と思われます。


[回答日 2005/2/22]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい