透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q102]血が固まっていてきれいに返血できないことがあります。


 

[回答]


血液透析治療で、残血対策はとても重要だということを ご理解いただきたいと思います。


治療が終了した後、血液がダイアライザーや回路に残ってしまうと、 それが元で貧血となるだけではありません。

治療中にダイアライザーに細かな目詰まりが生じているわけで、 せっかく透析をお受けになっても、毒素が十分に除去できていない 可能性も出てくるからです。


まず、残血がなぜ起こるかという理由をお話しましょう。


血液は血管の外に出ると固まろうとする性質を持っています。

これは、傷ができたときに血が止まらなかったら、大変なことになるのですから、 生物にとってとても大事な働きです。

けれども、透析治療ではちょっとじゃまになるのですね。

そこで、血液が固まらないようにヘパリン (または低分子ヘパリン)を使うのです。


それでも残血が出てしまうときの対処方法は2通りあります。


1つの方法は抗血小板剤というクスリ(アスピリンやパナルジンなど)を おのみいただく方法です。

血液が固まるのは、大きくわけて「凝固因子」という物質と 「血小板」という物質が働くからなのですが、ヘパリン(低分子ヘパリンも)は、 このうち凝固因子の働きをじゃまして血液を固まらないようにします。

血小板の働きは抑えられませんから、これによって残血が出てしまうことが あるのです。

こういった時に抗血小板薬を用いると、とてもきれいに血液が返ることを しばしば経験します。


2つめの方法は、ダイアライザーを変更することです。

ダイアライザーには様々な種類のものがありますが、その膜の性質や 患者さんの血液との「相性」の様なものによって、残血が出やすいものと 出にくいものとがあります。

ただし、残血が出なくなっても、今度は目的としている毒素の除去が 悪くなってしまってはいけませんので、ダイアライザーの選択は 総合的に行う必要があります。

主治医の先生や、臨床工学技士とよく相談してみてください。


最後に、これまで出なかった残血がなぜ出るようになるのか?と いうことも気になることと思いますが、これは難しい問題です。

たとえば、風邪などをひいて体調が悪くなると残血が出ることが よくあります。このようなときには、しばらく様子を 見てしまってもさしつかえありません。

ですが、こういったきっかけなしに、残血が出ることがあって 原因が追及しきれないことも時々経験します。


とにかく、上に述べましたように、残血対策をきちんと行っておくことが 長い透析ライフの上で、とても重要なことです。


[回答日 2005/3/22]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持