透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q116]15年程腹膜透析をした後、半年前から血液透析になりました。胃の下が膨らみ、ときどき吐いてしまいます。腹痛もあります。

(質問のつづき)

腸の壁が厚くなって腸が働かなくなっているといわれました。改善方法はないのでしょうか?

 

[回答]


腹膜透析(CAPD)を長期間続けられた方の中に、ご質問のように 腹膜が硬くなって腸の動きが悪くなってしまう合併症に 悩まされる方がいらっしゃいます。


被嚢性腹膜硬化症(EPSと略します)と呼ばれていることは、 ご存じかも知れません。

以前は、”SEP“と略していましたから、この呼び方をされる先生も いらっしゃいますが、同じ状態を指しています。

このEPSは未だに原因が不明なのですが、CAPDを5年以上続けると 合併する可能性が大きくなることが知られています。


また、CAPDを中止して、血液透析に移行する際に、CAPD用の カテーテルをすぐに抜かない方がよいことも指摘されています。


おなかの中の洗浄を1年ほど続けるのですが、この洗浄の際に 副腎皮質ホルモン(ステロイド)を洗浄する液に入れる方法が とられることがあります。ただし、この方法は賛否両論で、 効果がない、と主張する先生もいらっしゃいます。


洗浄や、ステロイドの注入でも効果がなく、食べ物が通らなくなってしまうと (この状態をイレウスと呼ばれていて腸閉塞とほぼ同じ意味です) 手術療法が選択されます。

手術療法は、以前は「EPSには無効である」とされていましたが、 ここ数年、精力的に治療と研究を重ね、かなりいい成績を出されて いる先生方がいらっしゃいます。

私たちのクリニックで血液透析をお受けになっている方の中にも その先生方に手術をお願いし、現在お元気に通院されている方も いらっしゃいます。


現時点で手術をお受けになった方がよいのかどうかは 主治医の先生の判断となると思います。


[回答日 2005/7/19]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい