top of page

透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q117]透析中、血圧が低下する前兆で体が熱くなり汗が出る事があります。なぜ体が熱くなるのでしょうか?


 

[回答]


これは推測でしかないのですが、

(1) 透析で血圧が低下する仕組み

(2) その血圧低下を防ごうとする仕組み

の両方の仕組みが相互に影響している可能性があると思います。


●透析で血圧が下がる原因


この原因には大きく分けて2つあります。


1つは、除水をすること。血管内の血液の容積が減少しますので、 血圧が下がります。


2つめは、末梢の血管が拡張すること。血液がダイアライザーを 通過すると、補体という血液の中の成分が活性化されるなどして、 末梢の血管が拡張することが知られています。

この場合には、たとえ除水量が少なくても、血圧が下がることになります。


上の2つの原因のうち、末梢血管が拡張すると、体が熱くなったり 汗が出たりします(火照った感じになるのですね)。


●体はこのような血圧低下を防ごうします


体はこのような血圧低下を防ごうと反応します。

血圧を維持するためには、末梢の血管を収縮させようとするのですが、 このときに大きな役割を果たすのが、アドレナリンというホルモンです。


アドレナリンが血液中に放出されると、末梢の血管は収縮しますが、 同時にこのホルモンによって汗が出てくることが知られています。

ただし、このホルモンでお体が熱い感じがする、ということは ないと思います。


これらの反応によってご質問のような症状が出てくるものと 思われますが、はじめに書きましたように、推測の域を出ません。


ただ、透析中の血圧低下を防ぐことは、安全で快適な透析を 行っていくためには、とても大切なことですから、その前兆として こういった症状が出るのであれば、その対処を行うタイミングを 知らせてくれる、いいサインになると思われます。


[回答日 2005/7/26]

タグ:

bottom of page