透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q118]8年前から、心臓、リウマチ・エリトマトーデスを患い、月に1度診察を受けています。 さらに、2年前から別病院で透析もはじめています。

(質問のつづき)

前の病院の先生と長い間の信頼関係があるので、そちらで薬を処方してもらっています。 透析の先生が「うちで処方するので指示通り服用してほしい」とおっしゃいます。どうしたら良いのでしょうか?

 

[回答]


● どちらを選ぶかはよく相談してください


心臓、リウマチ・エリトマトーデスを診ていただいているのをA先生、 透析の先生をB先生とよぶことにいたしましょう。


結論から申しあげますと、 最終的には、ご自身が、A、Bどちらの先生に受診するのかを 決めていただいてよろしいかと考えます。


これまで心臓やリウマチ・エリトマトーデスなどを長いこと診てくれていた A先生の方が、あなたのお体のことをよくご存じで、安心して受診を されることができる、というお気持ちはよくわかります。


● 透析医が自分で薬を処方したい理由もあるのです


一方、透析医の側としては、週に3回(あるいは2回)も顔をあわせているのだし、 定期的な血液の検査もしているのだから、透析患者さんのお体については 責任を持っていきたい、という気持ちになるのです。


透析医には、腎臓内科を専門とする医師と、泌尿器科を専門とする 医師がいます。

透析の主治医であるB先生が腎臓内科を専門としていれば、なおさら そのように考えるはずです。


というのも、腎臓内科医には腎臓だけではなく、糖尿病や高血圧や リウマチ・エリトマトーデスといったいわゆる膠原病もあわせて 自分の専門領域としている医師が多いからです。

(ですから、病院によっては「腎臓高血圧内科」とか、「腎臓膠原病科」という 看板を出しているところが、大学病院を含めて、たくさんあります。)


ところで、A先生はどのようにお考えになっているでしょうか? これも一般論ですが、透析を始められるようになって、他の医療機関に 紹介した後は、もとの病院の主治医は、その後の定期的な検査や お薬の処方を、その透析施設の医師に任せることが多いと思います。

2週間に一回とか月に1回の受診では、普段の様子がよくわからないことも 多いからです。

A先生が、定期的に受診を勧めてくれるようであれば それにしたがっていただいてよいのではないかと考えますので、 A先生に確認してみるのも良いと思います。


● 慢性疾患では相性も重要ポイントです


最後になりますが、 患者さんと医師の関係には、「相性」というのも重要だと思います。

これは、「信頼」とはちょっと別の感覚だと思いますが、 どんなに優秀で、「信頼できる」先生でも、「相性がわるい」、 ということがあるのではないかと思います。


慢性疾患であればなおさらです。

相性がよいかどうかも、どちらの先生に今後の診療を任せていくのか、を 決めるにあたっての重要なポイントとしてよろしいかと考えます。


どちらにしても、安全で快適な透析治療をお受けになることを 心からお祈り申し上げます。


[回答日 2005/8/2]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ