透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q122]現在、毎月定期的に2回/月の採血と心電図・胸のレントゲンを1回/月しています。

[質問No.122のつづき]

しかし、通院中の病院から、採血と胸のレントゲンは1回/月になり、心電図は無しになるかもしれないという連絡がありました。検査が少なくなると心配です。大丈夫でしょうか?

 

[回答]


糖尿病から腎臓を悪くされて、透析を始められる方が増加していますが、 その際に、ご質問にあるように、血糖のコントロールがよくなってくることが しばしば経験されます。


これは、血糖を下げるホルモンであるインスリンが、「長持ち」をしてくれて よく働くようになるためです。


インスリンは膵臓という臓器から分泌されます。

血液の中を流れるインスリンは、やがてオシッコの中に捨てられます。

腎臓の働きが悪くなってくると、インスリンがオシッコの中に捨てられにくくなるため、 それまでよりもより効くようになり、血糖が下がるのです。


透析が始まっても、インスリンは透析で除去されませんので、 同じようにインスリンが「長持ち」してくれるのです。


インスリンの自己注射をしていた方でも、同様に注射をしたインスリンが 長持ちしますから、それまでよりもインスリンの量を減らすことができたり、 場合によってはインスリン自己注射を中止することができたりするのです。


[回答日 2005/8/23]

関連記事

(質問のつづき) 昨年の検査では造影剤を飲み、エコーの検査をした記憶があります。 造影剤は腎臓に悪いと思ってますが、血管専門の病院に受診してみようかと思ってますが、今の病院に対しては悪い事なのでしょうか? [回答] ●造影剤とお身体への影響について 足の血管を見るエコーでは造影剤を使うことはほとんどありません。 また、造影剤を「飲む」ということはありません。 したがって、以前にお受けになった造影剤

[回答] BNPは心臓の働きを血液の検査で測ってみようとするものです。 心臓の働きが悪くなると、この検査の値が上昇します。 透析をお受けになっている方では、血液透析でも腹膜透析でも、このBNPが高めになることがわかっています。 そのため、通常の正常値ではなく、150以下を目標とするのが一般的です。 ご質問者様の65と言う値は問題ない数値です。 ただし、心臓の働きをこのBNPだけで判断することはでき

(質問のつづき) 透析施設では、心電図やレントゲンで定期的に検査しないのでしょうか。また、患者に皮膚が痒いなど合併症と思われる症状があっても対処しないのでしょうか。 [回答] ●定期的に検査をすべきである理由 私の知る範囲では、定期的にレントゲンと心電図をチェックしない透析施設はありません。 透析治療が必要なくらい腎臓が悪くなった方は、とても残念ですが、心臓や血管の合併症が生じやすいことが知られて