top of page

透析Q&A

  • 執筆者の写真いい透析ドットコム

[Q130]透析を長く続けていると、動脈硬化で心臓が弱り、心臓疾患を 合併することがあると聞いたのですが本当ですか?


 

[回答]


ご質問にあるような合併症はありますが、透析を長く続けたから そのようになるのではありません。

透析が必要なほど進行してしまった腎不全の状態が 長期にわたっている場合には、透析の治療をしていても 発症しやすくなってしまう症状があります。

透析が必要なほど進行してしまった腎不全の合併症として 以下のような心臓の合併症が出てくることがあります。


●虚血性心疾患


まず、動脈硬化による虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)があります。

これは、典型的には胸の痛みが自覚症状としてあるのですが、 「無痛性心筋虚血」といって、全く痛みのでない方もありますので 注意が必要です。

定期の心電図などをチェックしながら、虚血がないかどうかをみていきます。


●心不全


心不全も重要な合併症です。

体重(水分)が増えすぎる方の場合は特に注意が必要です。

透析のたびに何リットルもの水を除水し、次の透析までに、 また何キロも増えてしまうのでは、心臓に大きな負担を かけることになります。


[回答日 2005/11/1]

Comments


bottom of page