透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q140]塩化物泉の温泉に行ったら、禁忌として腎不全、腎臓病が書かれていていました。こういった場合は入らない方がいいのですか?


 

[回答]


多くの温泉では、その泉質にあまり関係なく、腎臓病や心臓病、 悪性腫瘍などが「禁忌」と表示されています。

どのような理由でこれらの疾患が禁忌となったのかわかりませんが、 少なくとも、腎臓病の方・透析をお受けになっている方が温泉に入って 悪い理由はありません。


塩化物泉は温泉中の塩分が濃いために、むくみのある方も 禁忌とされていますが、飲まない限り、仮に皮膚から塩分が 吸収されたとしても、その量はわずかであると考えられます。


どうぞお楽しみいただいてよろしいかと思いますが、 後述するように注意していただきたいことがあります。

また、合併症など、個人個人に違いがありますので、 主治医の先生にも必ず確認してください。


透析治療を行っている方に、注意していただきたい点です。


シャント感染には注意が必要ですので、透析をお受けになった日や その翌日でも、穿刺の跡から血がにじんでいるような日は 入浴は避けてください。

温泉で体が温まると、のどが渇くことがよくありますから、 水分の摂りすぎには気をつけてください。

もちろん温泉の飲用は避けてください。


温泉は気持ちがいいだけではなく、お体や精神にも よい効果があることが知られています。

主治医の先生に相談して、上手に利用されるのが よいと考えます。


[回答日 2006/1/24]

タグ:

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ