透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q146]家族が透析をしている施設に不安があります。針を刺すときや、返血するときも手袋をしません。また、透析中に患者に対してお菓子、コーヒー、飴、ジュースを出すのは当たり前です。

(質問のつづき)

せっかく家族が食事療法に協力しようとしているのにどういうことなのか理解できません。

 

[回答]


●良好なコミュニケーションが築かれることを祈っています


質問にお答えする前に、一言、申し上げます。


ご質問を拝見しますと、主治医の先生や透析室のスタッフとの コミュニケーションが絶対的に不足しているように感じられます。


透析治療はかなりの専門的医療でありながら、自己管理も欠かせない 治療ですので、医療スタッフと患者さんやそのご家族との コミュニケーションは必要です。


とても心苦しいことですが、この点に関しては、当サイトが どのようにお答えしても解決できることではありません。


できるだけ早く、患者さん、ご家族、医療スタッフとの間に 良好なコミュニケーションが築かれることを祈るのみです。


●手袋について


これは、心配です。

穿刺などの操作をするときには、使い捨ての滅菌手袋をするように ガイドラインに記載をされています。

ですから滅菌手袋を使用していない施設は、ほとんどないものと 考えています。今一度、ご確認ください。


●透析中に甘いものを出すことについて


透析中に患者さんに対してお菓子、コーヒー、飴、ジュースを出すについてですが、 このことは患者さんに対するサービスとしては悪くありません。


糖尿病などのコントロールが悪くなければ、透析中の飲食は あまり問題となりません。


たとえば、透析中に200mLの水分を摂取したとして、 その水分は透析で除去(除水)されてしまいます。


これはカリウムなどにも当てはまり、透析施設によっては透析中に (それも透析を開始して早い時間帯ですが)、 バナナなどカリウムが多く含まれている食物を 食べることが許可されているとのことです。


透析中以外の水分制限と、透析中の飲食とは別物だと お考えいただいて差し支えないと思います。


[回答日 2006/3/14]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持